不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

【笑ゥせぇるすまん】第10話 Bパート ウソ孫 【感想 考察】

q

では

登場人物

  1. 老手一人‥65歳 無職

喪黒福造‥笑ゥせぇるすまん


老手一人は定年退職の日

家に帰ると離婚届を突きつけられる

嫁、子、孫が出て行き一人になってしまう


ある日の公園


喪黒との出会い 「ボランティアです」 ウソ孫のメールサービスです

赤の他人からのメールなんて‥と言う 老手

しかし徐々に‥

ハマっていく

ガラケーからスマホに変え


遂に会いに行ってしまう


そこでまたも喪黒に遭遇

ウソだと分かっていても嬉しい

会おうなんてしないでくださいと忠告


しかし‥

プレゼントを渡しに行ってしまう


あれほど言ったのに‥

ドーン



孫❓

「じいじもおいでよ」

プレゼントを持ったじいじがたくさん




これで老手さんも寂しくないでしょう

家族がたくさん出来てよかったですなぁ

と物語は終了



老手一人

  • 気が強い
  • 真面目である
  • 都合のいい考え方をする
  • 基本 寂しい

老手一人の人間性

喪黒と最初に会った時の話し方から 初対面の人間にも強気である

ニセ孫とわかりながらも真面目に返信したりのめり込んでいく所から単純な性格

会ってはいけないと言われながらもプレゼントを渡すだけと会いに行ったり御都合主義でもある


何故、家族は出て行ってしまったのか❓

強気な性格から家族にはキツく当たっていた可能性アリ

横柄な一面もあり

その辺りでしょうか

定年退職の日離婚届とは家族側には相当な恨みがありそうですね


守衛仲間に嘘をつく

ニセ孫を自分の孫と言ってしまったため後に嘘を重ねる


建前を気にする

食事は弁当やカップ麺だったが孫への体裁から自炊を始めたり真面目だったりもする

でもこれは孫の為でもある


寂しい

やはり家族に出ていかれてはニセ孫にのめり込むのもわからなくはない


喪黒との約束を守れていたら❓

たくさんいるじいじに会わずに済んだ事を考えると 幸せな時間が続いたはずです

喪黒もドーンをする前に

幸せな時間は終わってしまったのです

と言っていた


家族がたくさん増えた❓

ニセ孫から繋がるじいじの家族が増えたという事❓


そもそもあのメールサービスは❓

喪黒は「サービス期間中だから時間がくれば解除される」と

期間が終わるとどうなるのか❓

じいじが列をなしプレゼントを渡す あの列に並んでいたじいじ達は一体‥廃人

既に喪黒にドーンされた人間の可能性


あの孫は一体何者なのか❓


今回は深かったですね




感想

この物語は最初から悲しい始まりでしたね

定年退職の日に離婚 仕事家族生きる糧とも言えるものを無くしてしまう

そんな弱っている所に喪黒

ニセモノとは言えの誘惑

普通の人では勝てませんよね

最後に出てきたじいじの集団は列を作っていましたがみんな みんなの孫という共通認識があったのでしょうか❓

この物語はOPから悲惨だったのでEDではそんなに‥と思ったのは私だけでしょうか

この物語を見て家族に優しく接しようと‥




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村