スポンサーリンク

不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

【賭ケグルイ】第2話【ダブル神経衰弱】【感想】

賭ケグルイ
第2話視聴完了しました

はぁ つまんないの
夢子が伊月に言った言葉
2話のタイトルに直結



登場人物

皇 伊月

一年生
生徒会役員
実家は大手トイメーカー


夢子 転校二日目

伊月は夢子をギャンブルに誘う


ダブル神経衰弱


ルール

新しいトランプを2つ

同じ数字 同じマークで当たり

トランプは全部で104枚



レート

2000万円

ギャンブル成立 開始

運で当たりを引ける確立は1/103
勝つためには全てのカードの把握


ノーミスの勝負か続く
一度出たカードを引けるかの運の勝負


カードが少なくなれば当たる確立はグッと上がる

伊月が10枚連取を経て勝利



夢子 泣きの一勝負

「お金がありません もう一勝負」


お金のない夢子は手足の爪を賭けさせられる

伊月 2000万円
夢子 手足の爪



伊月のイカサマ

伊月はトイメーカーの令嬢
トランプには工場から細工がされていて伏せている状態で数字が分かる

ダブルの神経衰弱にしたのはまぐれの勝ちも許さない 周到さ

2戦目 スタート

今回も新しいトランプを使用

夢子はイカサマに気が付いている

伊月を言葉で揺さぶりながらカードを引き当てる

イカサマのトランプを内緒で作っているなんて不祥事
表にでれば会社の大惨事である

自分のターンで終わらせようとしている伊月に
夢子は伊月にカードをめくらせずに勝利

ネタバレ

夢子「裏の模様が先程と同じではないですか」

1戦目からカードの柄の違いが分かっていた夢子

そのイカサマに気が付いても普通の人間では全てのカードの柄 数字を覚えるのは不可能

それをやった夢子

勝負に勝った夢子は次の勝負を求める

怯える伊月

今度はお互いの爪を賭けましょう

泣き崩れ 戦線離脱

夢子が一言

「つまんないの」冒頭の一言である



感想


1話 2話 共にギャンブルは別としてもやっている事は同じ
イカサマを暴いてお金だったり名誉を奪う

必殺仕事人のような‥

まぁまだ2話なので断定はできないですが

夢子のイカれた感じがいろんなモノを中和しているというか

この作品はどの層の人に読まれているのか❓
調べてみたら月刊ガンガンJOKER

聞いた事ない‥

私が子供の頃には無かったような‥気がする


月刊少年ガンガン 1991年 創刊

当時15歳
ヤンマガしか読んでなかったです

それも少年誌なんですね 少年誌にこの漫画
まぁ時代も変わったし少年誌的なキャラは出てきたり‥
こんなの

中身は知りませんけど


the 少年誌