不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

【賭ケグルイ】第4話【2枚インディアンポーカー】【感想】

q

賭ケグルイ
第4話視聴完了しました


『我々は一切の助言をいたしません
それはイカサマも同じ
勝負の世界では騙される方が悪いのです』



登場人物

五十嵐清華

生徒会書記

今回のゲーム
夢子達のディーラー

木渡

2年椿組

家畜ではないが今回の大会に参加
家畜を食いものにする




債務整理大集会

借金のため首が回らなくなる生徒のために生徒会が用意した救済企画




借金付替ゲーム


4人1組でギャンブルをし
成績に応じて借金がそっくり入れ替わる

1位になれば借金はグループで最も少ない額に
最下位なら最も高い額に借金が付け替わる

一番借金の少ない人には借金を免除します



ギャンブルは
2枚インディアンポーカー



ルール

ジョーカーと絵札を抜いた40枚のトランプを使います

ディーラーから1枚目のカードを配られるので確認

2枚めのカードは自分では見ずに自分の頭の上に掲げる

2枚の組み合わせで勝負

  • 2枚の数字が一致するペアが最強
  • 2枚のマークが揃うマークが次点
  • 数字もマークも揃わないブタが最弱

同じ役なら数字の合計数が大きい方が勝ち




同じ卓で戦う二人

早乙女から夢子に‥

「蛇喰さん、ちょっと話があるんだけど…」




そして卓へ

勝負


TURN1

木渡の勝ち


心理戦
相手の裏をかいて
裏の裏を読んで


勝負に出る早乙女に対して


「見え空いてんだよ
早乙女、夢子お前らグルだろ」


読まれている❓

「今までのやりとりでわかるんだよ」


しかし‥

さらに裏をついた 早乙女と夢子


と次回に続く



感想



心理戦は見ていて楽しいですね

相手の心を読んで

次週に期待が持てますが‥

ネタバレしてますよね




生徒会は変わった人間が多いなと
まぁ漫画ですからね

しかし少年誌らしからぬ描写あったり
時代は変わったのかな

ん〜