不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

【聲の形】感想

q

少し前の作品ですけど‥



週刊少年マガジン』に連載されていた原作漫画を京都アニメーションがアニメ化した作品

簡単には変えられない過去 罪悪感と葛藤しながら 他人との距離をつかめず苦悶し続ける若者たちに正面から向き合った群像劇

興行収入も君の名ははに続くほどよかったそうで‥




そんな作品です





最初の感想

まぁまず思った事は難解な作品だなと
少年誌でやってたんだ
子供達はどう理解し向き合うのかなと

私、現在40歳ですから
この作品を見て
今なら受け止められるシーンも
当時は受け入れられない
目に入らない
頭に残らない
見ようとしないものも多くあり

私が子供の頃はこんなに物事を考えていたのだろうか❓

何て思わせてくれます

登場人物一人一人に役割というかわかり易く
こんな奴いたなぁと‥

誰しもが登場人物の誰かに当てはまり
どのキャラクターに感情移入するかで見方が変わるような


ちなみに私は島田に近い学生時代を過ごしました




メインの登場人物





主人公 石田将也


小学生時代はいじめっ子
しかし
ある事を境に
いじめられっ子に‥

それからは人の顔色を伺いながら 誰も見ないで
生きている高校生
自殺を試みる❓が失敗
心から許せる人間はいない

そんな時、小学生時代にいじめていた西宮に会い彼の人生は変わっていく



西宮硝子


耳が悪く 聞こえない
生まれつき耳が悪いと思われる
故に言語が上手く発せられない

小学生時代にいじめられる
高校生になり将也との出会いで変わっていく❓


植野 直花


小学生の時に西宮をいじめていた
気の強いキャラで 冷めている
彼女は素直で自分本位の人間であるように思えますが
彼女が人間味のあるキャラだと思いました
みんなの関係性が崩れたのは西宮のせいだと思い込んでいる





この作品を4ブロックに分けてみる


小学生時代

将也 西宮の出会い

子供は残酷


いじめのワンシーン

植野が西宮の補聴器を奪うシーン

それを投げ捨てる将也

将也はおふざけの一環だったのかもしれないが
西宮にしたらただのトラウマでしかない

見ている側も嫌な気持ちの残る所でした

このような事が原因で学級会問題になる

将也はみんなでいじめていたつもりが‥
周りの人間は手のひらを返した

それを機に周りからイジメられてしまう

それまでガキ大将でやりたい放題の将也も数の暴力には勝てず‥



その後 西宮は転校

将也は中学時代も孤立させられてしまう


高校時代

みんなの仲が良くなり崩壊するまで

植野の気持ち


将也と西宮の再開

将也は自殺する前に西宮に会いにいく
結果死ねなかったが
再開により2人は変わっていく

将也は他人に心を許せる❓ようになる

時間をかけて友達と仲良くなり
みんな遊園地に行く事になる


植野は将也が好きだったのか❓
小学生の時の負い目からなのか

将也と島田を合わせる

しかし逆効果 将也は植野との距離を置く

植野の見解
西宮が転校してこなければ変わらなかった
全てがうまくいっていた

私と佐原が気まずくなる事も
将也と島田の仲が壊れる事もなかった

その後 観覧車内で植野と西宮が揉める
というか植野の思いを西宮にぶつける

相当ヒドイ内容で‥


将也の心の声

将也が抑え込んでいた感情を心の声を出してみんなを自分を傷つけてしまうシーン

みんなが思っている事を言い合い 将也もまた‥

今まで作り直した人間関係を無にしてしまう

みんな将也から離れていく

西宮は会話はわからなくても悲しそうな顔をする
口元だけは笑顔‥

彼女のこれまでの行き方
耳が聞こえないというハンデは自分が悪いから‥と言ってそうな


私の青春にはこんな1シーンは全くなかったですが
自分の人生にもこんな事があったかのように感じになってしまいました

西宮 自殺未遂後

みんなの思い

西宮の思い

花火大会の途中に‥

何とか将也が助けるも
逆に将也が落ちてしまう


西宮は自分がいる事で将也に迷惑がかかると思い込み


自殺未遂 将也は意識不明になり


またも植野と揉める

植野は本当に西宮がキライなのか
やり過ぎとも思える彼女


西宮は謝るだけ‥ 謝る事しか出来ない



しかし西宮は奮起する


将也の意識が戻る

将也と西宮


意識の戻った将也と西宮の再会

将也は今まで謝れなかった 昔の事を‥

生きるのを手伝って欲しい




学園祭

みんなの仲が戻る

みんな思いはあるが‥

西宮と植野 和解はしないが今後の進展に


「逃げた」

「照れたんだよ」





総評
少し突っ込みたいところはありますが感動しました

若い心がムキ出しでぶつかる


若くないと出来ません


個人の個性があり その事を否定したり肯定したり

若いって面倒臭い❓





観る機会がありましたらオススメです

世間的には若い人が観ているようですが
アラフォーでも楽しく❓号泣して観れるのではないでしょうか❓