不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

【名言】比企ヶ谷八幡

q

比企ヶ谷八幡とは

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。


言わずと知れた名作です
2013年に1期
2014年に2期が放送されました


1期と2期で製作会社が変わったのでキャラデザに変わりがありますが‥

略して俺ガイル

原作ラノベも売れています



今更感が満載ですが是非オススメです





というアニメの主人公

1期

2期

随分 変わりました
1期のやさぐれ感がよかったのですけどね

キャラクター

  • ずっと友達がいない
  • 周囲からは存在を軽んじられたりする
  • 幾多のトラウマを抱えている
  • 他人からの好意を信じる事が出来ない
  • 女子に対しては強い警戒心と猜疑心を抱いている
  • 猜疑心の強さから洞察力は長けている

そんな八幡の名言のひとつ



俺は優しい女の子は嫌いだ
ほんの一言挨拶を交わせば気になるし
メールが行き交えば心がざわつく
電話なんかかかってきた日には着信履歴を見てつい頬が緩む

だが知っている

それが優しさだということを

俺に優しい人間は他の人にも優しくて
その事をつい忘れてしまいそうになる

真実残酷と言うのなら
きっと優しいのだろう

だから優しさ

いつだって期待していつも勘違いして
いつからか希望を持つのをやめた

訓練されたボッチは二度も同じ手に引っかかったりしない
百戦錬磨の強者
負けることに関しては俺が最強

だからいつまでも優しい女の子は嫌いだ



1期 5話にて八幡が
同じ部の由比ヶ浜との会話の後に‥

心の中のセリフ



自分に素直世の中を斜めに見つつ
そして
自分への戒め



女子への猜疑心
人間を信用していない
洞察力が優れている

八幡の性格がこのセリフに詰まっていますね




まさに名言ですね