不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

EVIL OR LIVE イーブル オア ライブ 最終話 感想・ハオライナーズ

q

全12話 視聴完了しました。

ハオライナーズ作品として初の完走です。




最終話 「イーブル オア ライブ

最終話の内容

ヒョウの信頼を得たヒビキが生徒会長となり、学生たちを味方につける。

ホク、モクと共にシオリを連れて学校を脱出したアカネが、ネットに学校の内情をアップする。

学校にはネットニュースを見て、記者が押し掛けるも警察は動かない。

そこでシンは学校に火を放ちヒョウへの恨みを返す。

ラストシーン

ヒビキとシンの再開

険しい顔から笑う

涙が溢れる

そしてED曲に‥途中、シオリの回想もありましたが眠ったままでした。


最後の2人の態度がわからない

シン

恨みに思っていた兄の学校を潰し、ヒョウも失速させ、やり遂げた‥母の仇を取れた事により達成感。病気で倒れる前に成功させたという安堵感からの涙❓

ヒビキ

❓❓❓

2人の目的

シン

学校を潰す。兄達を失速させる。

ヒビキ

シオリの役に立ちたい。その為、生徒会長になり教官の目を欺き、シオリを助ける

シオリの為にシンと敵対していたはず‥❓


ヒビキは自分の目的、シオリを逃すという事を成功させる事によりシンへの怒りが和らいだ?
またシンも実現させた事によりお疲れ様みたいな?
ヒビキの考え方が変わった。成長した?

明確にはわかりませんが

何故キレイに終わらせた‥

ラストで殴りかかりED曲へ

なんてのもシュールだったのではないでしょうか

我欲のために、絆を使うか。

この作品のキャッチコピーですね。


我欲と絆

この二つはシンとヒビキの2人の事なのだろうか‥
我欲は登場人物、全てに当てはまる。
絆❓これも多くの人物に当てはまる。

という事で主人公の2人。

2人ともラストで思いを成功させ、絆‥が


感想


全12話、総集編を入れて13話。

内容的にはやはり少し古臭いストーリーが目立っていました。
ストーリーの速度も早く、時間としてはどれくらいだったのかなという疑問もあり、ヒビキのポテンシャルが凄過ぎたのか‥

途中何度か視聴断念も考えたのですがこうして最後まで見て‥
私は浅いのでよく理解が出来ていない事が多々あったのですが‥

人にはススメないですが、まぁこういう作品もあるよねって

悪くはなかったのではないでしょうか





今期のハオライナーズは何か難しそうな設定でしたね