不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

宇宙よりも遠い場所 第5話 感想

q

第5話 感想 Dear my friend


今回は高橋めぐみ回でした。
彼女の闇はかなり深くキマリに対する嫉妬、故の行動とはいえ行き過ぎ感も強く
どうなんだろうとも思いながらも‥

ラストでキマリと向き合うめぐみにキマリは‥


やっぱりしらせは‥

相変わらずのポンコツっぷりでした。


敵認定する人間がいるとしっかりするみたいですね。
全校生徒の前では堂々としていましたし

逆を言うとキマリ達は信用されているって事ですね。



日向はやっぱり‥

悪い嘘に怒るしらせをなだめるしっかり者


「人には悪意があるんだ。悪意に悪意で向き合うな。胸を張れ」名言でしょうか‥

荷物をまとめているシーンで日向の部屋❓
仏像が飾ってありますね。

この靴は❓二話から走りが得意と言っていたので中学時代は陸上部だったのでしょうか
思い出の品物❓

日向の掘り下げはなかったですね。
これからだろうか‥



白石結月

しらせのカラオケデビューに

「一緒じゃなくて良かった」


インパクトのある一言でした。




キマリと家族

出発前夜の豪華な料理

出発の朝

あったかい家族ですね
妹、父と泣いてました。そして私も‥



高橋めぐみ

キマリの出発の朝に絶交を告げにくる。

子供の頃からキマリは自分の下であるという考え方を持っていたためキマリの成長を認められず
悪い噂やその他の不可解な事も彼女発信だった。

確かにめぐみはキマリを下に見ているようなシーンは今回に限らずありました。ゲームのコンセントを抜くなんて悪質な‥会話からもどこかイライラしているような、こういうキャラなのかと思って見てましたが違いましたね。



めぐみは思いの丈をキマリに



この中のめぐみのセリフの一つに

「自分に何も持っていないからキマリにも何も持たせたくなかった。」


なかなか恐い言葉です。
彼女の闇そのものであると‥お互いがお互いに依存していただけに離れて行くキマリに‥



キマリは最後に


「絶交無効」

と言って走り去って行きました。



5話、よかったです。

3ヶ月の南極生活。長いのか短いのか、高校生の3ヶ月は貴重な時間ですね。

結月は母とハグしてからの出発。
しらせ家が1番複雑かと‥おばあさんは娘を南極で無くし❓孫が南極に向かう。
おばあさんの気持ちは寂しい何てものではないのでしょうか
日向の家族は出てきませんでした。

私はキマリ家のやりとりで泣き、キマリとめぐみのシーンで泣き‥


キマリ達が帰ってくるまでにめぐみも何かに一歩踏み出せていればいいですね。




来週はシンガポール

行き先はオーストラリアではなかったのでは‥
来週も楽しみです。









にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村