不惑の肉体改革とアニメ

不惑から見たアニメの感想を書いていきます たまに筋トレ

宇宙よりも遠い場所 第7話 感想

q

第7話 「宇宙を見る船」


今回はフリーマントルで準備をして出発前の話。

これまではしらせ達4人の思いや考え方が描かれてきましたが、今回は吟やかなえ達の南極に対する、貴子に対する思いが明かされました。

3年振り、2回目の南極。1度目とは違い明らかに良くないムードで‥




隊員達も不安‥


隊員、船の雰囲気から南極チャレンジの現状が良くないであろうと‥
民間として南極に行く難しさが出てました。

資金不足、隊員不足、計画そのものが無謀‥とも



女子高生4人の為の青春物語じゃない


吟やかなえ、隊員達が忘れ物を取りに南極に行くストーリー‥

しらせも母親を追って南極に行く訳ですし‥



吟とかなえと貴子



貴子はキマリみたいなタイプだったのでしょうか


吟と貴子


1話からキマリとしらせ


同じ場所で同じ事を言ってますね。





しらせは‥

キマリのぬいぐるみを発見して


ポンコツ



最後は感動の自己アピールでした

吟はしらせの中に貴子を見たのでしょうか



7話もよかった。


ここ何話かはずっと感動の物語ですね。

南極チャレンジのみんなが3年振りに集まるも当然そこには貴子はいなく、みんなが何かを感じているところにしらせの挨拶。一生懸命さが出たというか、不器用だけど頑張ってましたね。


よかったです。

しらせはいい人間に恵まれてここまで来ましたね。

吟と貴子の学生時代も感動のワンシーンでした。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村