不惑の肉体改革‥

不惑の‥主にアニメの感想、たまには映画だったり‥雑談だったり‥

プラネットウィズ 2話・感想 宗矢の立ち位置は❓少しだけ考察

第2話 ネビュラソルジャー


2話、少しずつですが謎が解き明かされてきたような‥しかしまだまだ謎は深いですね。
内容はかなり期待をさせてくれるおもしろい作品になっています。

登場人物のセリフから今後のストーリーを少し考えてみたいと思います。





記憶の戻った❓宗矢

※宗矢のセリフから考える。

ここは俺の世界ではない

兵隊にする為に先生によって連れてこられた。
しかし先生がいなかったら宗矢は‥

宗矢の復讐の為には先生の力が必要。


これもみんなも許さない。一体どんな力があるのか

敵は残りの6人では終わらない。

みんなの仇を取る。宗矢の仲間はグランドパラディンによってやられている❓



まだ抽象的な事しか言っていませんがどう繋がっていくかが楽しみです。


対立構造❓


グランドパラディンとネビュラ。

対立は明らかですがまだ謎は深いです。
グランドパラディンは人類。ではネビュラは❓


「人類は私が導く。」
彼が最高責任者なのか


ネビュラ所属


銀子が言うには(先生の言葉❓)ネビュラには派閥があり、ネビュラは地球人の進化に注目している。


ウェポンは封印派
人類の戦う力を地球に封印しようとしている。


ソルジャーは穏健派
穏健派は介入は最小限で力を没収するだけ。
力の進化より愛の進化に期待している。




ネビュラに勝った美羽


今回の精神攻撃はそんなにきつくなかった❓


待ち伏せしている宗矢と対峙



戦いの最中に美羽は

「侵略者なんかには負けない」

それに驚く宗矢。

宗矢は侵略者の意識はないと思われる。
宗矢もまた仲間をやられているであろうから完全に相手は悪である。


勝負は宗矢が勝ち、美羽の力を回収するもグランドパラディン側に囲まれてしまう。


感想

2話もいいところで終わって次回の期待が高まりますね。
ここまではネビュラ、主に宗矢の事が触れられていますがグランドパラディン側の考え方も見たいです。
お互いの思いがぶつかっていくのか‥

宗矢の肉が食べられないのは今後も続いていくのか
何かの伏線に繋がっていくのか‥



2話での1番の疑問は彼女。

銀子とは一体❓




画像は全て

(C)水上悟志・BNA・JC/Planet With Project


から引用。