不惑の肉体改革‥

不惑の‥主にアニメの感想、たまには映画だったり‥雑談だったり‥

ハッピーシュガーライフ 3話・感想 神戸家の事情


第3話 モノクロームの長い


今回は三星の異常さが際立っていました。ファミレスの爽やかな彼の姿はなく‥ヤバイ男でした。
さとうも夜の街でしおを見つけるのは困難で出番は少なめでした。
3話は神戸家の話でしおの記憶が戻りそうな‥どうなんだと



私の思いついた事を書いていきたいと思います。



神戸家の家庭環境

これまでの登場人物から4人家族。
父親、母親、あさひ、しお

父親はおそらく虐待、家庭内で家族に暴力を振るっていたであろう‥
あさひ曰く悪魔であると言っている。
幼いころのあさひが母親としおを何処かに逃がした回想シーンがある。
とすると父親とあさひ、母親としおで別々に過ごしていた。
あさひは大人や警察を信用していない。これは虐待を受けていたが警察も助けてくれなかった。しおの捜索をしてくれなかったと考える。


しおは自分が神戸‥


しおは自分の苗字を理解していない。ここから考えてしおの年齢も関係してくるが‥
普通に考えると母親からちゃんとした教育を受けなかった❓育児放棄と考えるか若しくは、
三星同様に頭をさすっていたシーンから母親は精神的に滅入っていて育児どころではなかった。
実際、あさひに依存しているところがある。

しおは母親といた頃から外に出ていなかったのではないだろうか‥

しおが家を飛び出した時、靴を履かずに飛び出した。さとうに監禁されているので初めから靴はないのだろうが何かを踏んで痛がるシーンから靴を知らないのではないだろうか‥




この人は‥


おそらく‥あさひとしおの母親と考えるのが妥当であるがこの登場の仕方は生きているのだろうか‥

1話やOPからさとうの家の部屋には

袋が3つ

これは普通に考えて死体が3体と思える。

2話で先生により一袋は証拠隠滅を計られている、いわゆる

ボディが透明にされている。

あと2体。


この死体は誰なのか❓

  • しおの母親

可能性はあるが‥どうだろう

  • しおの父親

これは多分違うのではないかと思う。死んでいればあさひは家に帰れるはず‥帰っていないのは父親がいるから❓

  • さとうの親

これも多分違う。両親がいない事を先生も知っていただけに袋の中にはいない。

  • この部屋の住人

さとうの叔母さん❓さとうは叔母さんと2人で暮らしているらしいがまだ登場していない。
今住んでいる部屋が叔母さんの家かどうかはまだ不明。







計画的に排除しなきゃ


さとうはあさひに苦い感情を抱き暴走しかけるが何とかセーブがかかる。
その苦い感情は嫉妬であると理解し、さとうは自分の中の新しい感情に芽生えた事を嬉しく思う。
しかし、しおとあさひは会わせないように考え、邪魔であれば‥

計画的に排除しなきゃ

のセリフから彼女は猟奇的な殺人を冒していてもおかしくはない。


しおの記憶

頭の中がねじれるみたい‥


記憶が曖昧で母親であろう人間の顔も思い出せていない。
忘れているのではなく、何かがあって記憶の奥底にしまい込んでいる。

ラストに赤いの見たから頭が痛いと言い殴られていそうなシーンがある。

これら思うとしおも虐待されていたのではないか‥しおは幼い段階で母親と家を出ているとすると母親❓しかしグーパンチだった‥やはり男であろう。

父親なのかはたまた別の男性なのか‥

そしてその男により母親を殺害されていてしおはトラウマになり記憶を思い出せない。


とまぁ思いついたままを書き出してみたのですが1番気になったのは

母親らしき人間はしおを何処に導こうとしていたのだろうか❓

ですね。
部屋から連れ出し公園へ導いてあさひに会わせようとしていたのか❓


まだまだこれからですね。





画像は全て
©鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会
から引用。