不惑の肉体改革‥

不惑の‥主にアニメの感想

プラネットウィズ 5話・感想 展開が早い‥少しだけ考察

第5話 パラディンブレイク・1


「俺は俺が味方したい人の味方で、俺が倒したい奴の敵だ」

カッコいいセリフが宗矢から出ました。が少々わかりづらい‥そのままの事を言っているのだろうが、現段階ではネビュラの派閥、グランドパラディン、その他の誰に力を貸すかわからないって事だろうか‥とは言え今の所では先生がいないと戦力にはならないでしょうが、閣下も出てきたし他の着ぐるみ族も出てくるのか‥

まだ5話ですからどんな流れになっていくのか楽しみです。


今回も思った事を書き出してみたいと思います。




根津屋先輩の変わり様



封印派にやられた根津屋。
オカルト研究会を訪れるが今までの厨二病の彼ではなく、普通の青年になっていた。
大人になったとも思えるが火が消えてしまったみたい‥と宗矢は思う。
他のグランドパラディンのメンバーと比べると変わり具合は酷い。


封印装置

封印装置は人々に優しい夢を見せる。
願望の成就、欲望の達成、幸福。
その優しい夢は心の隙間を満たす。
その代償に心の飢えや希望を奪う。
奪われると人は歩くのをやめてしまう。
誰も傷つけないが心の火をそっと消す。

龍造寺岳蔵には効かなかった。
人生経験なのか、それだけスゴイ人物なのか
楽しんでキッチリ仕事をしました。



龍造寺隆は‥


50年程前に宇宙から❓の飛来物を育てた岳蔵。
その結果‥


冒頭、岳蔵の冗談とも思える話だったが、宗矢とのぞざんも同じ流れで同じ言葉を入れている所を考えると本当の事なのではと思わせる。

龍造寺隆は別の星の人間。

岳蔵の話が本当であれば血の繋がりはなく、育ての親である。隆本人はこの事を知っているのだろうか

シリウス人の可能性も‥しかし赤ん坊の段階で宇宙船❓みたいなものに乗って来ているという事は彼の星もネビュラにより滅されていて、彼だけ逃がされて地球で育った。

彼も侵略者ではなく復讐者なのかもしれないが‥幼すぎて記憶もないであろう‥






ブコメ感が強くなった❓


宗矢がのぞさんに地球人ではない。と秘密を明かし(最終的には冗談で終わらす)その後の2人のセリフ。


のぞざん「ありがとう…ごめん。ありがとう
宗矢「いや、こっちこそ…何かごめん。ありがとう」
のぞさん「あ、ごめん
宗矢「いやこっちこそ何かかごめん。ありがと」

と何だか2人の気遣いが‥




のぞさんを考えてみる。

高天原のぞみ‥クラスの委員長。
転校生で記憶のない宗矢を気にかけてくれる。
オカルト研究会に所属している。

最初に気になるのは彼女の名前「高天原」である。
高天原とは日本神話などで神様がいた場所。
転校生の宗矢を気にかけるも彼女も小学生時代に転校を経験している。


神様とは関係あるのか
何処か違う所から来たのではないか

主要キャラなだけに怪しく思えます。




宗矢の兄

彼は本当に死んでいるのか❓

死んでいると言われ宗矢は思い込んでいるだけではないだろうか
これから登場してくる可能性に期待です。


EDのワンシーンにも出てくる風景。
シリウス





感想


宗矢のセリフから宗矢の本当の敵は誰なのだろう‥
これから登場人物が極端に増えるわけではないだろうし‥既存のキャラだと‥

5話にして白石こがねがパラディン側だと明かされるがもう少し引っ張れたのではないかと思う。
しかしこのスピード感の良さ、展開の意外さにやられてしまいます。

隆は初めから白石がスパイである事を分かっていた様に彼は優秀で強いだろう。
それに挑む閣下白石はそれほど強いのだろうか‥疑問である。

次回もパラディンブレイクとの事で完全にグランドパラディンがなくなってしまうのだろうか


毎回の事だが本当にラストの引きがスゴイ、次回が待ち遠しいです。






画像は全て
(C)水上悟志・BNA・JC/Planet With Project
から引用。