『 不惑の肉体改革‥ 』

アニメの感想、たまには映画だったり‥ゲームだったり‥ラジオだったり‥雑談だったり‥

『2.43 清陰高校男子バレー部』4話・感想

f:id:yrstmt:20210129092931j:image

© 壁井ユカコ集英社・アニメ「2.43」製作委員会

 

 

4話、視聴完了です。

 

 

今回は合宿。

からの秋の大会1回戦のお話でした。

 

割と簡単に部に馴染んだ灰島でしたね。

何かもっとありそうな‥揉め事が、高校生の部活ですし、義務教育ではない分嫌な人間は辞めていく感じでしたね。

実力者だけあって、練習メニューも考えバレーに対して熱心すぎるというか、攻撃練習に参加させてもらえない祐仁。

放って置かれている立場に子供みたいな対応をしていましたね。

地主の1人息子ですから‥やや甘めでしょうか

 

広告

 

 

 

f:id:yrstmt:20210129093926j:image

© 壁井ユカコ集英社・アニメ「2.43」製作委員会

 

祐仁の実力は灰島も認めていました。

ただ、言葉にしなかっただけで、その言葉を耳にした祐仁は自信に満ち溢れていましたね。

試合でもバシバシ決めて、これまでのトラウマも拭えたのではないでしょうか

 

確か、清陰バレー部は全く強くなかったはずですが‥1人の力でこんなに強いチームになるのか、少し疑問には思いましたね。

 

広告

 

 

 

ラストでよりちゃんがチンピラみたいな人間に絡まれ喧嘩をしていました。

巻き込まれそうになった祐仁でしたが、よりちゃんの言葉により逃げました。

もちろん、これが得策であります。

変に巻き込まれて出場停止にでもなったら先輩に顔向けもできません、ただ、走って逃げている時の祐仁の顔が何かありそうでした。

 

 

ちなみに灰島の好きな人ってネタバラシあるんでしょうか?

 

 

 

 

 

[まとめ買い] 2.43 清陰高校男子バレー部シリーズ