『 不惑の肉体改革‥ 』

アニメの感想、たまには映画だったり‥ゲームだったり‥ラジオだったり‥雑談だったり‥

『ゲキドル』9話・感想

f:id:yrstmt:20210303091311j:image

©ゲキドル製作委員会

 

 

9話、視聴完了です。

 

 

かをるが姿を消して、アリスインシアターは竹崎の手により封鎖されてしまいました。

あいり達は劇場を探し、新たな道を模索します。

9話も内容濃い目でした。

 

 

雛咲いずみ

 

f:id:yrstmt:20210303091342j:image

©ゲキドル製作委員会

 

SMTを卒業‥させられていました。

前回、あいりの前で奮起していましたが、圧力には勝てなかった模様です。

 

f:id:yrstmt:20210303091415j:image

©ゲキドル製作委員会

 

あいりはゲキドルにいずみを呼んで、ライブにサプライズゲストとして迎えます。

改めて、芝居がやりたいと再認識、アリスインシアターに戻る方向性を、本人もメンバーもその気になりましたが‥

 

f:id:yrstmt:20210303091434j:image

©ゲキドル製作委員会

 

中村繭璃は反対します。

彼女の言い分とすると、突然いなくなって、SMTを辞めたから戻ってくるのはどうなのか‥との事。

彼女はいずみの事が好きすぎて、憧れ追いかけていたのに‥

 

f:id:yrstmt:20210303091453j:image

©ゲキドル製作委員会

 

山本和春は普段、喋りませんが、ここぞとばかりに、いずみに繭璃に対する気持ちをぶつけてました。

本当はいずみと一緒に芝居をやりたい繭璃に素直になれ的な熱い事を言っていました。

結果、いずみはアリスインシアターに戻れる形になったのですが、喋りすぎた彼女はそのまま寝るという、よく分からない構造でした。

 

f:id:yrstmt:20210303091512j:image

©ゲキドル製作委員会

 

和春の言葉、繭璃の想いに感動しましたが、このショットはシュールです。

 

広告

 

 

 

いずみがSMTに行った理由はもっとメジャーになるためでしたが、実は脅されていたのではないでしょうかね。

竹崎にSMTに来ないとアリスを潰す的な事を言われていたのではないでしょうか?

そう言う事を踏まえると元メンバーとの確執が彼女の中では歯痒すぎです。

 

 

新たな劇場

 

f:id:yrstmt:20210303091633j:image
f:id:yrstmt:20210303091636j:image

©ゲキドル製作委員会

 

条件はクリアしましたが、かをるがいなくなってしまった事により、竹崎はアリスインシアターを差し押さえました。

 

美濃に暴力?武力行使‥けっこうバイオレンスですね‥

 

アリスインシアターが使えなくなり、新たな劇場を探します。

まこちん」が紹介してくれたのはお化けが出ると言われている校舎。

彼女の父親が理事長で区役所にも連絡済み。

 

何もない彼女たちが一から作る何もない劇場。

 

というかこれはアリスインデッドリースクールの舞台ですかね?

 

 

ストーリー的には、マーカライトブルーを演じる事になるんでしょうか

 

 

グランドマテリアルシステム

 

f:id:yrstmt:20210303091743j:image

f:id:yrstmt:20210303091802j:image

©ゲキドル製作委員会

 

 

よく分からないシステムですが、竹崎と美濃の会話を拾います。

 

 

  • クレーターがシアステによる幻影。
  • 幻ではなくクレーターと思い込まされていた。
  • 世界中のシアステをコントロールできる。
  • 地球が巨大な劇場になる。
  • コントロールするにはクロノクリスタルが必要。

 

クロノクリスタルはかをるが持って消えている。

 

広告

 

 

 

全く展開が読めませんが次回は10話‥終わりの差し掛かっています。

かをるの行き先は、竹崎はどこまで何を望んでいるのか?ドールはどうなっている?

 

などなど、楽しみすぎますね。

 

 

次回も期待大ですね。

 

 

【Amazon.co.jp限定】ゲキドル [2Blu-ray + CD] (Amazon.co.jp限定特典 : ハンドタオル ~絵柄A~ 付)